オグサワで下痢してる人

最終更新日

Comments: 0

本日の相談

外来患者さんで、オグサワを始めて2日目だが、下痢している人がいて、何かいいアイデアがないか内科のドクターから相談があった。

オグサワとは、オーグメンチン1錠1日3回+サワシリン1回250mg1日3回のことで、クラブラン酸の量はそのままで、アモキシシリンのみを1回500mg1日3回とする方法です。添付文書に書いている用法ではありませんが、現在では広く認識され、保険できられることもまれにあるだけのような印象です。

この方法は、内服の抗菌薬としては、グラム陽性球菌から大腸菌程度のグラム陰性桿菌まで、まぁまぁ広くカバーできますし、吸収率もアモキシシリン90%、クラブラン酸60%とよいです。市中感染で緑膿菌を想定する場面は少ないので、市中発生の細菌感染症であれば、マイコプラズマなど細胞壁のない菌による感染を除き、まんべんなくカバーしている処方、と言えるかもしれません。

抗菌薬関連下痢症とは

抗菌薬を投与すると、悪い菌ばかりでなく、良い菌も死んでしまう。腸内に普通にいてる細菌が死んでしまい、炭水化物の分解を阻害し、腸内浸透圧の上昇が起こり、下痢になるということがあります。

クロストリジウムディフィシルによる腸炎も抗菌薬関連の下痢としては有名ですが、抗菌薬による下痢がいつもディフィシル菌によるものではありません。抗菌薬関連下痢症の一部が、ディフィシルによるもので、その時はディフィシル菌をやっつけるために、特殊な抗菌薬=メトロニダゾールや、バンコマイシン散などが必要になるのです。

どうするか?

整腸剤を追加?

ミヤBMが有効であったという報告(抗菌薬だけ群だと59%が下痢あり。整腸剤を治療途中から追加群で5%に、最初から追加で9%に減った)もあり、整腸剤投与は一つの選択肢かもしれない。
コクランレビューでまぁ有効そう、と書かれています(しかも高用量ならなおさら良さそう。6人投与で1人予防。1日下痢の期間を短縮)。

抗菌薬を変えてみる?

抗菌薬を変えてみるのも手かもしれませんが、多かれ少なかれ腸内の細菌に影響を与えることを考えると、有効かどうかは微妙な気がします。

抗菌薬をやめてみる?

あとは、抗菌薬を中止してみるというのも良いかもしれません。これは時と場合によります。今回は続けたいとの主治医の判断でしたので、この選択はなしとなりました。

どうなったか

主治医と話し合った結果、今回は抗生剤はレボフロキサシンに変更し、更にミヤBMを追加する、という二段構えの方法となりました。

taku

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


コメントする